ippo会員規約

本規約は、株式会社Will Be(以下、「弊社」という)の運営するippo札幌(以下、「当スペース」という)を貸スペースとして利用する際に、ippo会員が遵守すべき事項を定めたものです。利用の際は本規約に合意したものとし、当スペースを利用する際の一切に適用するものとします。


【第1条 ippo札幌の目的】
当スペースは、イベント・交流会・セミナー・レッスン・施術・展示会・ランチ会等のための個室の時間貸、及びコワーキングスペースを提供します。

 

【第2条 ippo会員登録】

  1. ippo会員登録の際は、ippo札幌利用登録書(ippo会員用)への記名押印、身分証明書(コピー)、口座振替依頼書の提出をお願いします。
    内容を確認のうえ、問題がないと判断した場合に登録ができます。
    ippo札幌利用登録書(ippo会員用)の提出後、1週間以内に初回登録料と月会費(初月分)を下記指定口座に振込または現金またはPaypalでお支払い下さい。
    お支払いを行った時点で、登録が成立したものとします。初回登録料、月会費は、理由の如何にかかわらず返金は致しません。
    【指定口座】北洋銀行 札幌西支店 (普)5112448 (株)Will Be 代表取締役 山本由美子  ※カ)ウィルビー
  2. 前項の身分証明書は、申込者が個人の場合は、運転免許証等の確認書類(現住所が確認できるもの)、申込者が法人の場合は、法人の商業登記簿謄本(3ヶ月以内に取得したもののコピー)および申込手続を行う担当者個人の運転免許証等の確認書類(現住所が確認できるもの)とします。

 

【第3条 ippo会員契約期間・契約終了・月会費のお支払い】
1.契約期間は、1年更新です。書面による別段の意思表示が無い場合、本契約は同期間同内容にて延長されます。
2.ippo会員登録を終了を希望する際は、期間満了月の1ヶ月前までにippo会員登録解除届に記入・押印のうえ提出してください。
3.月会費のお支払いは、利用月の前月末日までのお支払いです。お支払いはippo札幌利用登録書(ippo会員用)の契約期間に基づいて行うこととし、請求書は、特別な申し出がない限り発行しません。原則、登録時のみ現金または振込またはキャッシュレスでのお支払い、翌月以降は自動引き落としです。

 

【第4条 利用に関する留意事項】
当スペースを利用する方が快適な環境を過ごせるよう、当規約をもとに丁寧な利用をお願いします。ippo会員自身に清掃(原状回復)を行ってもらうことで、低価格での時間貸が可能となっています。予約時間前の15分はサービスタイムとし、利用料金に含みます。入室時の室内確認・準備にご利用ください。

 

【第5条 時間貸個室予約方法】
1.当スペースの予約は、トラブル防止の観点から、原則、ウェブよりお願いしています。
Ippo札幌ホームページのカレンダーで予約状況を確認のうえ、『貸室のお申込みはこちら』よりご予約下さい。
※前日・当日の予約・変更などお急ぎの場合は、お電話011-522-7510でご連絡ください(平日9:30~18:00)。

2.ippo札幌からメールが到着した旨の自動返信メールが届きます。
※自動返信メールが届かない場合は、メールトラブルが考えられますので、お電話で確認願います。

3.先約(入金待ち)などを確認し、予約日時、料金などを記載した仮予約受付メールを1週間以内にお送りします。

4.3.に基づきお支払いを確認した段階で正式予約となり、ippo札幌ホームページカレンダーでの告知を行います。
(1)お申込みから1週間以内もしくは仮予約日の前日までの入金をお願いします。入金がない場合、仮予約
はキャンセルとなります。
(2)お振込は下記口座にお願いします。なお、振込手数料はご負担いただいております。
また、領収書は、特別な申し出がない限り発行いたしません。

【指定口座】北洋銀行 札幌西支店 (普)5112448 (株)Will Be 代表取締役 山本由美子  ※カ)ウィルビー

 

【第6条 その他お支払いに関する事項】
時間延長となった場合の室料は、退室時に現金またはキャッシュレスでの精算となります。前日・当日の予約の場合は、利用当日のお支払いも相談に応じます。

 

【第7条 利用後の清掃に関する事項】
1.全室共通事項
(1)利用前(入室時)と同じ状態まで清掃、片付けをお願いします。
(2)利用時に発生したゴミは、原則お持ち帰りいただいています。
(3)テーブルなどは移動しても構いませんが、お帰りの際に元の位置にお戻しください。
(4)利用後は、窓の施錠を確認し、すべての電気製品(冷暖房、照明、換気扇など)をお切りください。

2.エステルームをご利用の方へ
(1)次の利用者より清掃不備の報告があった場合は、弊社で確認のうえ、直前の利用者への清掃代金が発生する場合があります。
入室時には室内チェックをお願いします。
(2)オイル利用の場合、オイルの触れた部分は全て(床なども)脱脂、二度拭きをお願いします。
注意しても改善されない場合は、時間貸個室の利用を制限する場合があります。
(3)必要に応じてタオル、ごみ袋などをご準備ください(オイルをご使用の方は脱脂可能な清掃用品など)。
(4)トイレ便器及びタンクにオイルなど水以外のものを流さないようお願いします。
オイルを流した場合、業者の清掃が入るため、清掃や修理代のご請求が発生します。

 

【第8条 キャンセル・変更・延長・遅れ】
1.第5条4項に基づく正式予約後のキャンセルに伴う返金はいたしません。
2.変更・キャンセルの際は速やかにご連絡ください(時間変更は、事前連絡時の空き状況で対応します)。
3.時間延長はそれ以降の予約がない場合のみ可能です。延長前にご相談ください。

 

【第9条 宣伝・広報に関する事項】
ippo会員は住所貸を希望されている場合、ホームページ、名刺、パンフレットなどにippo札幌の住所を使用することができます。その際の住所表示は『札幌市中央区南2条東1丁目1-12フラーテ札幌4F ippo札幌』でお願いします。なお、宣伝・広報に関するトラブルに関し、弊社は一切責任を負いません。

 

【第10条 禁止事項】
1.当スペース内の悪徳行為、性的サービスなどの違法行為 (疑いのあった場合は警察へ通報します)。
2.危険物の持ち込み、火気の使用。
3.ippo会員不在での利用。
4.所定場所以外での喫煙。
5.備品、消耗品の必要以上の使用及び持ち帰り。
6.ビルの玄関など共有スペースでの、他のテナント・建物居住者などへの迷惑行為。
7.公序良俗に反する、法令に違反する、犯罪行為及び犯罪行為に結びつく行為。
8.当スペース、利用客等に対して誹謗・中傷する、名誉・信用を傷つける等の行為。(SNSなども含む)
9.無断でippo札幌ホームページなどからコンテンツ・写真・動画などを使用する行為。
10.宗教、政治、ネットワークビジネス又はそれに類似する組織などへの勧誘。
11.その他、弊社が不適当と判断する行為。

 

【第11条 契約の解除】
下記に該当した場合、弊社はippo会員に事前通知することなく直ちに本契約を解除します。
その場合、利用料他、一切の返却は行わず、解除によりippo会員は第三者が損害を被った場合でも弊社は一切の責任を負いません。

1.本規約に定める事項に違反したとき
2.申込時に提供した本人確認書類、又は申込時に提出した情報のいずれかが真正なものでなかったとき
3.月会費・利用料金などの支払を7日以上遅延したとき
4.破産、民事再生、会社更生、特別清算、仮差押えの申立てその他これに準ずる信用不安があったとき
5.ippo会員に刑事手続が開始されたとき、又は犯罪行為が疑われるとき
6.反社会的勢力との関係性が疑われるとき
7.その他公序良俗に反する行為があったとき
8.ippo会員登録者と実際の利用者が異なるとき
9.その他、前項各号に該当すると判断したとき

 

【第12条 ippo札幌の住所を使用しているippo会員の契約終了時の義務】

  1. 1.ippo会員契約の契約終了に際して、ippo会員は契約終了日までに本契約に関わる全ての利用を停止(Webサイト上、名刺、パンフレットその他一切の資料からの当スペースの住所などの記載を削除)しなければなりません。
    ippo会員が、表記の訂正・削除・報告を怠り、使用を続けていることが発覚した場合、債務不履行と判断し、表記の訂正・削除・報告が終了するまで、契約終了時点から訂正・削除・報告が完了するまでの期間の月会費等を支払うとともに、違約金として金5万円を発覚時にお支払いいただきます。
  2. 法人登記をしている場合、契約終了に際して、本店および支店を当スペースの住所以外の場所に移転するものとし、契約終了に先立ち移転登記を行い、解約届に移転登記後の商業登記簿謄本(履歴事項全部証明書)のコピー添付のうえ、弊社に提出いただきます。
    契約終了時に移転登記がされていない場合、ippo会員契約が同条件で更新されたものとみなし、月会費が発生します。

 

【第13条 住所貸の利用】
Ippo会員は、当スペースの住所を以下の各号に定める用途に用いることはできません。

(1)住民票・パスポート・免許証等の公的申請に利用すること
(2)アダルトサイト、出会い系サイト、マルチ商法、ギャンブル・情報販売等のビジネス住所に利用すること
(3)多量(1ヶ月で通算5通以上)の資料請求をすること
(4)ダイレクトメール(郵送・FAX・メールなど手段を問わず)に記載すること
(5)政治活動、宗教活動、暴力団等反社会的勢力と関わる活動に利用すること
(6)投資、融資等金融に関わる事業に利用すること
(7)携帯電話や通信の契約の際に利用すること
(8)弊社が疑わしいと判断した利用をすること
(9)住所の又貸、転貸と受け取れる利用をすること
(10)10を超える用途に利用すること
(11)公序良俗に反する利用など、弊社が不適当と判断した利用すること

 

【第14条 郵便物の取り扱い】
1.ippo会員あての郵便物は、毎月15日と月末にippo札幌利用登録書(ippo会員用)に記載された住所に普通郵便で転送します。
ただし、その際の郵便物未着に対してその責任を負いません。また、海外への転送はいたしません。
2.郵便物の受取は元払いのみとし、代金引換や着払いの郵便物の受取はいたしません。
3.以下に定める配達物は受取はいたしません。
(1)携帯電話
(2)書留
(3)弊社が高額な商品と判断したもの
(4)生もの
(5)その他、受取不可と判断したもの
4.宅配物に関しては、都度、事前連絡があった場合のみ対応します。
事前連絡がない場合、宅配業者にippo札幌利用登録書(ippo会員用)に記載の電話番号をお知らせします。
5.契約終了後のippo会員の郵便物などの受取は一切いたしません。

 

【第15条 Webサイト上の住所等表記】
ippo会員が、当スペースの住所をWebサイトに記載する場合はURLを告知願います。
その際、幣社が不都合と判断した場合は、掲載の内容変更・削除を求めることができます。

 

【第16条 免責事項】

  1. 1.ippo会員は、以下の事情がありうることをあらかじめ承諾し、弊社はその責任を一切負いません。
  2. (1)荷物や郵便物の受け取り、転送に関して遅配、未配が生じること
    (2)電話、インターネット等の通信設備に一時的な不具合が生じること及び電話に出られない場合があること
    (3)弊社の地位が第三者に移転すること(合併、売却)
    (4)法令の改正、自然災害、テロ等やむをえない事由によりサービスが停止、廃止されること
    (5)システムメンテナンスやシステム障害、天災などによりサービスをippo会員に事前通知する事無く停止すること
    (6)弊社が提携する業者の債務不履行、倒産などにより生ずる全ての問題。
    (7)規約や料金などシステムを予告無く変更することがあること
  3. 弊社はippo会員の事業活動に関与しません。ippo会員と第三者間でトラブルがあった場合、弊社はその責任を負わないものとし、ippo会員は自らの費用と責任で、当該トラブルの解決に努め、弊社に迷惑や損害を及ぼさないものとします。
  4. 3.サービス内容の変更、中断、終了によって生じたいかなる損害について、弊社はその責任を一切負いません。
  5. ippo会員が弊社の提供するサービスを利用すること、及び利用できなかったことにより生じる直接・間接的な損失について、弊社はその責任を一切負いません。

 

【第17条 お忘れ物】
お忘れ物は2週間保管し、その後は処分します。また、弊社ではいかなる補償もいたしません。

【第18条 損害賠償等】

1.次の利用者が不快に思う範囲の汚れや破損で、専門業者クリーニング等が必要な場合、幣社の判断により実費及び損害分(3,000円~)、必要な場合は営業補償(10,000円/日~)をご請求する場合があります。
2.万が一備品を破損、紛失された場合は、その損害を賠償していただきます。鍵を紛失された場合は、鍵の交換費用も含めての請求となりますので、十分にご注意ください。
3.ippo会員及びその関係者が起こした損害・傷害は、ippo会員にその損害の賠償請求させていただきます。またその場合、当スペースの現状復帰に必要な実費は、ippo会員の責任において全額負担していただきます。

 

【第19条 本規約等の変更】
1.弊社はippo会員に事前の通知なく本規約等を改定できるものとし、本規約等改定後は改定後の本規約等を適用するものとします。なお、ippo会員が当スペースを利用する際、改定後の本規約等に同意したものとします。
2.弊社は、その判断によりippo会員に事前に通知・連絡することなく、当スペースのサービスの全部または一部を変更・廃止することができるものとします。

 

【第20条 異議申し立て】
本契約に定めのない事項が生じたとき、又はこの契約条件の各条項の解釈につき疑義が生じたときは、誠意をもって協議の上解決するものとします。

 

【第21条 管轄裁判所】
何らかのトラブルで訴訟が生じた場合、札幌地方裁判所を管轄裁判所とします。


制定日 : 2016年12月1日
改定日 : 2017年4月25日
改定日 : 2019年1月1日
改定日 : 2020年6月1日