貸室希望の方へ

専用オフィスをもつのは楽じゃない(>_<)

札幌市中央区で店舗や事務所を構えると、相当の金額がかかりますし、慣れないことすべてを一人でこなさなければなりません。

ippo札幌は法人登記も可能です。利便性が高く、集客も見込める札幌市中央区で会社を設立することができます。また、多くの女性が集まる場なので人脈を広げてアドバイスをもらったり、顧客の確保や売り上げの向上にもつなげたりすることができます。

 

札幌市中央区でippo札幌を利用した場合と従来型オフィスを構えた場合を比べてみました。

レンタルサロンippo札幌 従来型オフィス
不動産に関する契約
最短3ヶ月からの契約が可能 通常1~3年の長期固定契約
契約は簡素化された書類のみ 複雑な契約手続き・様々な書類・保証人が必要
かかるのは初期登録料のみ 通常6~12ヶ月の敷金礼金が必要
初期費用に関するもの
ネット環境がすでにある 通信インフラ整備を自力で行う必要がある
必要な道具を持参してすぐ実行できる 内装・レイアウト・電話工事が必要
維持費に関するもの
スペースを利用時のみ費用発生。リスクが少ない 売上に関係なく毎月固定の維持費がかかる
水道光熱費、ネット代は月会費に含まれる 水道光熱費、ネット代が別途かかる
その他、こんなこともあります☆
ひとりぼっちじゃない環境 交流会などに足を運ぶ必要がある
集客にも相乗効果が期待できる 自社だけで販促や広告を行って集客

開業前の方は実際に部屋を利用しながらご自身に何が必要なのか、開業へのシミュレーションができるので独立するときの準備がスムーズです。

 

~札幌市中央区で物件を借りてエステサロンを開業する場合の初期費用例~

項目  金額 備考
敷金または保証金 8万円 SW徒歩5分以内・6畳・家賃8万の物件を想定。家賃の1か月分。
家賃 40万円 家賃の6ヶ月分
仲介手数料 8万円 家賃の1か月分
内装工事諸費用 20万円 壁紙などのリノベーション、水道回りの整備など
設備・備品・消耗品 50万円 施術用ベッド、シーツ、カバー類等+施術内容により化粧品代等
広告宣伝費 30万円 チラシ、ショップカード、HP作成、ポータルサイトへの出稿料金等。
運転資金 40万円 家賃の5か月分を想定。
合計 212万円  この他に毎月家賃・水道光熱費・ネット使用料ほかが必要

脅かすわけではないのです。一度物件を賃貸すると、毎月の維持費用分の利益をあげなければなりません。結構きついものです(経験談)

 

一度見学してから検討しても遅くない!と思ったら・・・

見学のお申込はこちらから

 

 

貸室を急いで借りたい!(今日とか明日とか…)場合は、お電話でも承っています。